テレビ的とは

真犯人フラグ

言うてもテレビの影響はまだまだデカイ。ネットニュースの見出しは番組での発言や、テレビタレントのものが大半を占めているのもそれを裏付けている。そんな尾ひれはひれのつくネットニュースに警笛を鳴らすって感じでもないけれど、勝手な推論で話が真実とは違うように進んでしまう事って怖いよね。それをドラマで書いてみたいというコンセプトのもと作られたドラマがこの真犯人フラグであると、企画・原案の秋元康さんが書いてました。

その尾ひれはひれって考えたりするのって楽しいし、ほら見ろと言ったり、そうだったのかと驚いたりする事自体は何ら悪意もないし、純粋に楽しむポイントでもあると思う。実際のニュースでの犯人探しなんかでは間違った情報に踊らされちゃって、誹謗中傷の嵐になっちゃったりってことが度々問題になっているけれど。煽り運転をしてた人に似てると誹謗中傷された事件とか。

そういった考察というか、妄想というか、それって言ってる人はこうなったら面白いなとか、こんな突飛な推理してたすごいだろうとか、考えている人の自己顕示欲を満たすための方弁が、さも事実かのように伝わってしまうのは確かに怖い。冗談を冗談と気づかずに騒ぎ立てる。これはホントにまずい。そうなると冗談も言えなくなってしまうから。言っていい冗談とダメな冗談はあるけれど、それでも冗談が冗談として通じないと、この前の選挙特番の太田さんのようになってしまいかねない。あんなわかりやすいジョークを、めくじらを立てて怒られて、謝罪しなけりゃいけないなんて、冗談も通じないのかと思ってしまうよね。

そんなこんなで、ボクもこの真犯人フラグを色々考察しつつ楽しんでいるんですが、みなさん大真面目に考察するじゃないですか、だからボクはギリギリふざけられる感じで考察してるんです。押し入れの中はしいたけだとか、20世紀少年みたいに、凌介の小説をなぞって犯行が行われているとか、圭樹を轢き逃げしたのは真帆の両親だとか。もっと怪しく無い人にもスポット当てて、怪しさを炙り出しながら、どう考えても推理が破綻してる人から潰していき、最後残ったのが真犯人なんじゃないかなと思って。動機を考えるのが早いのかなと思って、今全員それぞれが真犯人として、動機を考えているので、まとまったら話しますね。ま、誰が興味あんねんって感じだけど。

さて、妻、小学生になるがいいドラマなんですよ。ま、出てる役者がスゴイってのはありますが、おまけに音楽がパスカルズってのがめちゃくちゃいい。マジでBGM聴くだけでも価値ありなドラマです。ぜひ。

さて、神田伯山さんのラジオで、神田伯山さんの相関図が欲しいって話をしてて、あいつとはこうだ、こいつとはあぁだと話していたのを書き出したんだけど、他に揉めてた人ってと調べたら、これは流石に今更なんでそんなこと蒸し返すんだ案件ばかりで、流石に書き出すのはしのびねぇなと思ったので、途中でやめました。調べれば調べるほどヤヴァイですよこれ。マジでもう済んだ事なんでまた蒸し返すの案件の巣窟だと思うわ。時は忘れさせてくれるために流れているのに、何で巻き戻すん!ってなりますわ。

神田伯山相関図

パ紋(パーソナルな家紋)

お名前(ニックネーム可)と、好きなモノ(漫画、映画、音楽などなんでも複数)から、パーソナルな家紋、パ紋の制作をしております。SNSのアイコンや、いろんなグッズになっちゃいます。詳しくはコチラ

大変お待たせしておりましたが、現在はスグに制作しております!

投稿者: hara1000

パ紋の人です。http://hara1000.com/rogo/ 詳しくは書籍を。陣内智則の面白い方。イラスト、ロゴ、CG、文筆とか。TVBros.テレビ探偵舎元メンバー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。