大怪獣のあとしまつ

大怪獣のあとしまつ

まぁ方々で色々言われているので、それで知ったという方も多いでしょうが、ボクはなぜかそんな評判を耳にする前に、面白そうな映画やるなと思って楽しみにしてた。というのも濱田岳さんが間違った映画に出るとは思えなかったからというのが大きな理由ではあったんだが。

蓋を開けてみたら間違ってはいないんだけど、監督にまぁしてやられたって感じですか。監督は時効警察など撮られてる三木聡監督で、この酷評まで含めて全て計算済みだったんじゃないかと思ってしまうほど、まぁ方々に対しておちょくった映画になってたね。スベリ笑いを2時間続けられた結果、誰も突っ込む事なくもちろん演者もお客さんも放置してしまったらこうなったって感じですか。

ただそれがボクにはたまらなかった。こんなスベっても平気なんだという救いがそこにはある。最速で酷評のニュースが駆け巡り、一時トレンドワードにもなるほどだったが、始まるまでの予告ではシン・ウルトラマンの予告が流れたり余計に特撮への期待が高まるが、そんな期待をことごとく裏切ってくれる。繰り広げられるのは下ネタやギャグになっていないギャグばかりなのである。とはいえ特撮部分はちゃんと特撮しているんだけど、それを忘れさせるほどのくだらなさなのである。怪獣に名前をつけたと令和の元号発表のパロディで発表したりとか、そこになんの脈略もなく、ただただやりたい放題なだけの。

ある日突然現れた怪獣が、これまたある日突然光に包まれたかと思ったら倒れている。さてこのあとしまつ、誰がどうするのってのが本筋なんだけど、国や企業が観光地にならないか、いや処理しないと不排ガスで爆発するとかあたふた。パンフレットにも書かれているが、打ち上げられたクジラが腐敗ガスで爆発するのだ。それを大怪獣でも起こるというちゃんとしたエビデンスもあるので、この設定めっちゃ面白いなぁと思ってたんだよね。空気階段だったらめっちゃ面白いコント作れるよこの設定で。

でボクはこのクジラの爆発する映像と、鶴の頭の赤色の部分のドアップが大好きでよく観てるんだけど、そういった怖いもの見たさみたいなシーンがあるのかな?と思ったら特になかったのは残念だったかな。ホラーというか、悪趣味的なのってあるじゃない。でもジャニーズでてたらそういうのはやってくんねぇか。

でそのジャニーズの山田涼介さんが由一ギャグとは無縁のキャラでウルトラマンとは言わずもほぼウルトラマンみたいな活躍をする。最初の光もスペシウム光線でやっつけたっぽいし、最後は結局あとしまつできなかったんで、ウルトラマンになって宇宙に運ぶって、ホントどうしようもないオチで。今までの何だったんだよ!ただの茶番じゃん!と。

でもそんなの好きじゃんボク。だから結果楽しんだんだよね。あとこの映画を、始まる前はワクワクして、観終わった後は全員が無言で下向いて帰るっていう映画体験は後悔時じゃなけりゃ体験できない。公開中に後悔してほしい映画でした。

ほぼ書いている事一語一句間違わず話してます

そんなこんなで4日金曜日は打ち合わせの後映画を見ておりました。
土曜日はほぼ1日中陣内くんの楽屋でネタの映像を作ってました。
日曜日は夜にそのネタの種録でした。

で、真犯人フラグ。面白いね。ハラセンラジオも聞いてね。

パ紋(パーソナルな家紋)

お名前(ニックネーム可)と、好きなモノ(漫画、映画、音楽などなんでも複数)から、パーソナルな家紋、パ紋の制作をしております。SNSのアイコンや、いろんなグッズになっちゃいます。詳しくはコチラ

大変お待たせしておりましたが、現在はスグに制作しております!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。