和牛の情熱大陸がすこぶる好評な訳


この前の和牛の出てた情熱大陸がすこぶる好評のようで、あちこちでスゴかったと耳にする。かく言うボクもスゴかったとスグにYouTubeで話したし。昨日のナインティナインオールナイトニッポンで岡村さんは
「俺には漫才無理やわ」
とまで言わせるほど、ストイックな姿勢に驚いていた。白鳥が水面下では足をバタバタしているってトコロが見たいのか、顔には出さないその努力が素敵なのか、うどん屋でずっと来ているのにも関わらずサインを求められず、密着のカメラが来ててやっとサインを求められたことが面白かったのか、とにかくスゴイスゴイの声。
しかしNintendo SeichのCMと情熱大陸とやっぱりあの声、窪田等さんのナレーションで言われたらどんな事をしていても仰々しく感じちゃうってのがあの番組のマジックだと思うわ。ナレーションの威力ってスゴイよなぁ。ナレーションの原稿って意外と難しくて、昔ある番組のナレーション原稿を書いてたことあったけど何度もやり直しされたもん。その番組の感じと、ナレーターの方が言いそうなこと、文法みたいなのがあって、その文法を身につければいいんだけど、なかなか大変だったなぁ。ようはそういうパブリックイメージを築き、守り、継承していくからこその番組なんだと思うわ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。