パ紋が書籍になりますよ!来年1月グラフィック社より

IMG_1296.jpg
やっとです。やっとパ紋が書籍になります!いや〜ながい道のりでした。これからまだまだ作業は続きますが、グラフィック社より、来年1月に刊行予定!B6判オールカラーです。お楽しみに!(アマゾンには12月に入ってから掲載されるらしいです)やっと念願の書籍化です。もう嬉しくってしかたがないのですが、ピークの喜びは第一報を聞いたときでしたので、それからずいぶん落ち着いてしまいましたがスゴク喜んでいるんですよ。
写真は菊千代なんだけど、いちど懐に入れたら気に入ったのか、自分から入れてとせがんでくるようになりました。もうメッチャかわいいね。しかも暖かい。

というわけで、昨日はそのパ紋の書籍に掲載される、水道橋博士さんとの対談をしておりました。非常に面白いお話ばかりで楽しかったので、こちらもお楽しみに。そもそもの出会いから、今やっているメルマ旬報のTシャツ連載のことなど、色々お話させてもらいました。
ところでパ紋って何だ?と思われている方はこのブログ読んでいる方の中には少ないとは思いますが、家紋を個人的にしたモノ、パーソナルな家紋でパ紋。パーソナルなので、自分の好きなモノと、名前(ニックネーム)を織り込んだデザインになっておるわけです。和洋折衷なんでエンブレムだったり、紋章だったり家紋風だったりするわけです。そもそもパ紋って無い言葉だし、そこで何コレ?となる。それでこういうことだと説明する時点でコミュニケーションが取れるので、ボクはSNS時代のコミュニケーションツールだと思っているんですよね。それをいうと家紋の成り立ちもそういう感じで、認識と識別にも使われていたんですもんね。戦国時代に一気に広まったのは、敵味方を見分けるためだったり、家柄のつながりを知るツールであったり。それでパ紋も個人を識別するツールになり得るんですよね。アイコンにしてたらわかりやすいし、何が好きなのかもわかったりして話すきっかけになるんだもん。と、いつも説明するんですが、ボクのパ紋がそれほとんど反映されていないというね。だから原専のと、ゆうくんって本名のものも有るんですけどね。
子供の持ち物にシールにして貼ってたらいいと思うんですよホント。で子供は好き嫌いの移り変わりが早いから、毎年更新したりしてね。大きくなったらその歴史も刻まれているという。これはなかなかいいと思うので、どなたかしませんかね?
あとは商店街のそれぞれのお店にパ紋を作ってパ紋商店街ってのも考えてて、野球好きのお肉屋さんに、昨日勝ちましたね!なんて応援してるチームの話をしたらおまけしてくれたりみたいなね。野菜にもこの人が作りましたってシールが貼ってあるじゃないですか、それをお店にも応用する感じなんですよ。タクシーでもたまに趣味とか書いてたり、それこそすしざんまいの店員は名札に趣味書いてたりするから、話すきっかけになるじゃないですか。接客業は特にそういうことを積極的にしてると思うけど、人がわからないと冷たく接したりしちゃうけど、人がわかるとそうはならないですからね。
書籍は単なるデザイン書ではなく、色々読み物としても面白いものになっておりますよ!これからデザインをしてみたいとか、美術系の学生さんが手にとってくれると嬉しいな。それから何が嬉しいってね、あのグラフィック社から刊行されるってのが嬉しいじゃないですか!マジで。
書籍化にあたりご協力いただいている著名人の方、本当にありがとうございます。それから今まで制作させていただいた方々、まだお待ちの方々、これから注文しようと思っている方々、本当にありがとうございます。発売を本当にお楽しみに!です。
と、今配信中の水道橋博士のメルマ旬報Vol.100で「原田専門家とTシャツ連載」ではクリープハイプ尾崎世界観さんとのコラボTシャツを展開しております!読者プレゼントですので、ぜひ応募をしてほしいですね。この連載ではそのデザインに至るストーリー、どう思いつきどういう意図があるのかということをわりとバカな文章だったりたまにマジメに書いたりしていますが、これも昨日博士さんから、「デザインを文章化できる人だと思ってる!」というありがたいお言葉をいただきました。以前モノを売るんじゃなくてその物語を売るんだ!ということを教えられたことがありまして、物語を語ってモノをより深みのあるモノにして、知らなくてもいいモノはいいんだけど、知ってると人に話したくなる物語があったら楽しいですからね。エルメスのロゴに込められてる意味を知ってるとよりグっとくるみたいなね。でも知らなくてもいいモノはいいんだけど。ま、ボクの中では言い訳というか、ビックリマンシールの裏書の感覚なんだけどね。
さて今、春日太一さんの天才勝新太郎をやっと読んでおるのですが、これ本当に面白い。そんなこだわりを持って座頭市を演じていたのかということから、座頭市に取り憑かれ逃れられなくなっての最終回の話とか、その後のスクラップビルドっぷりは本当にスゴイ。絵描きがずっと絵筆を離さないように、ずっと演出を考えては前日にこれで行こうと決めても翌日はもっといいのがあるんじゃないかとずっとそれを繰り返すなんて、そうそうできないですよ。今まで誤解してたというか、知らなかったことが多すぎて、本当にスゴイし、めちゃくちゃ面白い人なんだと。それをすごく分かりやすく読みやすく書く春日太一さんは本当にどの書物も面白いよなぁ。
ボクも連載している、水道橋博士のメルマ旬報もぜひ購読してくださいね!ボクは「原田専門家とTシャツ連載」という読者にTシャツがあたるTシャツのデザインの連載をしております。そのデザインにも物語があるというのを。デザインを読んでねといいヤツです。
さて、LINEスタンプの第二弾をこさえたよ。これはもう自分自身をキャラクターにしたモノなんだけど、LINEスタンプだけで漫画にならんかなと思ってて、今までは漫画の人気キャラクターがLINEスタンプになってたけど、これからはその逆っしょ!LINEスタンプから漫画になるみたいな。その前に、LINE上で漫画になるようなスタンプをこれからもっと作ろうと思ったですよ。買ってねぇ~。https://store.line.me/stickershop/product/1159459/ja
LINEスタンプのキャラがTシャツになって登場
UTMe!ハラセンTシャツ
あと、ずっと続きを作ろう作ろうと思ってたチャンネル登録の歌ができました。これはなかなか名曲ですよ。今までのフォーク調から一転してロック風ですから、まるでRCサクセションがフォークギターからエレキギターに持ち替えたのように。これはお気に入り。歌さえウマければ!ギ~。聴いてね。またどこかへ歌いに行きたいわ。

こちらはクサイハナ。ほんとうはブランキーの青い花みたいな曲にしたかったんだけどなぁ。
原専のフリーCG素材 ひつじが1匹
夜ねれない時に見てね!また子供を寝かしつける時にも使えるよ!
LINEスタンプ、エビフラえもんってのを作ったよ!ぜひ買ってね!
https://store.line.me/stickershop/product/1010464/ja
ストックフォト的な事もやってますダウンロードフリーっすよ!
パ紋の反響のまとめ
パ紋のfacebookページ
https://www.facebook.com/HarasenNoPamon
パ紋のフリーペーパー電子書籍版(PDF)バックナンバーは100円で販売中!
PCでダウンロードしていただき、各種端末に入れて持ち歩こう!電子ならでは検索機能が役に立ちます!猫で検索したり、ラーメンで検索したりして楽しんでね。
パ紋Vol.1
パ紋Vol.2
パ紋Vol.3
パ紋extra(16p 200円)
パ紋Vol.4
パ紋Vol.5
パ紋Vol.6
パ紋Vol.7
パ紋Vol.8
ヴィレッジヴァンガードオンラインでパ紋の缶バッチ販売中!鈴木さんと加藤さんはぜひ!入手困難かパ紋のフリペのバックナンバー付き!あと手ぬぐいも!

妄想キャブリエーションのみんなが稽古着で着てくれているEbiFly Tシャツ!UTMe!で着心地バツグン!

さて、2500個を超えましたよパ紋。年内に3000個目指そう!
パ紋フリーペーパー配布場所
大阪の中津のシカクさん
中野ブロードウェイのタコシェさん
高円寺はみじんこ洞というミニコミ大好きなお店にもおいています。いろいろごはんが美味しいよ。
武蔵小金井の文具店、中村文具店さんにも設置しています。土日のみの営業ですが、古い文房具などこだわりのお店です。
あとは渋谷パルコのオンリーフリーペーパーにも置いてました。
その他、ゴールデン街のO2というBarにも置いてます。
ゴールデン街バーバスターにも置いてます!
新代田crossingというライブハウスにも置いています!(月一レアソングに出てます)
あと実家の三河湖のほとりのうなぎの三河にも置いてます。バックナンバーが充実してます!ってかほとんど減ってないので、この機会にぜひ!
さて、2014年の行列以来非常にたくさんのご依頼を受けて日々制作しているパ紋ですが、あなたのツイッターのTLにアイコンがパ紋の方を見かけたことがないですか?ぜひ、人とは違うアイコンで!他、色々自分だけのグッズにできるのでぜひ!
ブログの怠慢はこちらで補完 http://twilog.org/haradasenmonka
たこ焼き日記
11月6日まで阿佐ヶ谷アニメストリートの大怪店で行われている僕らの妖怪シール展でのシールがネットでも買えるようになったそうですので、ぜひ買ってね!全部キラキラだよ!
目標金額まで、言いながら絵を描いていない。2,986,714円
原田専門家さんのほしい物リストはコチラ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。